プロフィール

ゆりbutainunana

Author:ゆりbutainunana
デザインとイラストの仕事をしています。アートボランティアとして横浜をうろうろしていることも。
Twitterアカウント @butainunana2

butainunana2のつぶやき
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
70

アートなピクニック/横浜市民ギャラリーあざみ野

今日は横浜市民ギャラリーあざみ野にて、視覚に障害をお持ちの方々とアートなピクニックに参加してきました。今回はあざみ野で開催中の企画展Viewpointsを鑑賞。 公式HPは→こちらこのような視覚に障害をお持ちの方と美術を楽しむ企画はあざみ野では過去数回行ってきており、去年夏にはトリエンナーレへの鑑賞ツアーにも。アテンドもだいぶ慣れてきました。私の過去記事は→こちら今回ご参加いただけた視覚に障害をお持ちの方は2名で... 今日は横浜市民ギャラリーあざみ野にて、視覚に障害をお持ちの方々と<br /><span style="color: rgb(255, 153, 0); "><strong>アートなピクニック</strong></span>に参加してきました。<br /><br /><br /><br /><img alt="120219a.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-49-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/120219a.jpg" /><br /><br /><br /><br />今回はあざみ野で開催中の企画展Viewpointsを鑑賞。 <br />公式HPは→<a href="http://artazamino.jp/">こちら</a><br /><br /><br />このような視覚に障害をお持ちの方と美術を楽しむ企画はあざみ野では過去数回行ってきており、去年夏にはトリエンナーレへの鑑賞ツアーにも。<br />アテンドもだいぶ慣れてきました。<br /><br />私の過去記事は→<a href="http://tekutekutoart.blog40.fc2.com/blog-entry-44.html">こちら<br /></a><br /><br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br /><br />今回ご参加いただけた視覚に障害をお持ちの方は2名で、お二方とも現代アートを鑑賞するのは久しぶりだったそうです。<br /><br />アートを鑑賞するということだけでも身構えてしまうそうなのに、現代アートと聞けばもっと足が遠のいてしまうのも分かります。<br />難しいという先入観があるんですよね。見ることができないのにどう理解したらいいのか分からないという気持ちが湧いてくるのかもしれません。<br /><br />でも、今回の展覧会作品は絵画をテーマにしながらも、立体作品あり、空間をうまく工夫された作品ありと絵の描き方だけではない特長を持つものばかりだったので、実際に歩いてまわられて体験していただいてとても面白いと言ってくださっていました。<br /><br />鑑賞の様子はというと、<br />1名の視覚に障害をお持ちの方と、6~7名ほどの私たちが一グループとなり、<br />使われている素材や、大きさ、展示されている状況などをお伝えしながらそれぞれ絵の感想を言いあったりしました。<br />今回は特に作品解説はせず、純粋に目の前の作品を観た感想を述べて、主観で語り合うようなかたちに徹しています。<br /><br /><br />作品を鑑賞してみて、<br />特に吉田さんの作品には強い関心を寄せていらっしゃって、山の立体作品の材質はどのようなものか実際触ってみてみたいとおっしゃっていました。<br />やはり空間を生かした作品はイメージしやすいのかもしれませんね。<br /><br />椛田さんの作品も、部屋をぐるっと歩いてまわってみて、スケール感を味わっていただいたあと、椛田さんが女性であることをお伝えしたらとても驚いていました。<br />作家の身体性をイメージすることが作品鑑賞のポイントになるんですよね。<br />目の前のものに対しての感想だけだとどういう作品なのかが伝わらないこともあるので、作家のことを少し説明してあげると、理解が深まるようでした。<br /><br /><br />桑久保さんの作品についても非常に熱いディスカッションが展開されて、作品の意図などはこうなのか、ああなのかなど含みを持たせたテーマの作品だったこともあり随分語り合うことができました。タイトルにも非常に興味を持たれて、イメージするのに役立ったとおっしゃっていました。<br /><br /><br />今回は特別に、展示室から戻ってきたあと、手を洗って浅井さんの作品数点を触らせていただく機会に恵まれました。<br /><br /><img alt="120219c.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-49-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/120219c.jpg" /><br /><br />展示室に展示されている作品は絶対触れませんのでご注意を。今回の企画だけの特別な機会です。<br /><br />「こういう材質のもので、これくらいの大きさで。」と一生懸命伝えてあげても、やはり直接触ることに勝るものはないですよね。<br />絵画の作品はなかなか視覚以外の感覚で鑑賞することが出来ない分、素材だけでも触れる用意があると、イメージがより伝わるんだなと思いました。<br /><br />今回東京国立博物館でガイドボランティアをされている方も参加されていたのですが、東博は触ることが絶対出来ない国宝が多いので、視覚に障害をお持ちの方へは口頭説明のみでガイドをされているそうです。<br />コンテンポラリー作家の場合は、素材もテーマもそれぞれですし、身近にあるものを素材としている作品も多いので、これは何かということを人の主観のみで伝えることだけではない、アートの鑑賞方法がもう少し検討される機会があるといいのでしょうね。<br />コンテンポラリーだからこそ設けられる機会ということを探っていけたら。<br /><br /><br /><img alt="120219d.jpg" border="0" width="510" height="349" src="https://blog-imgs-49-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/120219d.jpg" /><br /><br /><br /><br />今回の会を通して、<br />先天性の全盲の方へのアプローチとなるとどのようになるのかとか、<br />人によって興味関心のポイントや、鑑賞スタンスが違うので、何をどこまで情報としてお伝えすればいいのかなど課題はまだまだたくさんあると感じましたが、あざみ野では今後も企画展の際にこのような機会を設けていくのでより良い鑑賞方法を模索していきたいですね。<br /><br />その話し合いの際、複製画を触れる美術館があるという話が出ました。<br />絵画を触って鑑賞するという機会は今現在ほぼない状況ではあるので、このように複製画の新しい可能性として視覚に障害をお持ちの方への展示の機会はないのだろうかなと思いました。<br /><br />以前にも書きましたが、視覚に障害をお持ちの方と鑑賞する機会があると、こちらが気がつかないポイントや感想をお話しあえることがあり、とても新鮮な気持ちでアートと向き合えるんです。<br />そういった意味でも「見えないから」と躊躇されずにもっとこういう機会広がって、アートの面白さを共有できたらなと思います。<br /><br />
44

アートなピクニック 横浜市民ギャラリーあざみ野

横浜市民ギャラリーあざみ野が主催する、アートなピクニックに参加してきました。視覚に障害をお持ちの方と一緒にアートを楽しむ企画で、いろいろなところへ一緒に出かけて、障害をお持ちの方への付き添い方なども同時に学ぶ機会になっています。今回はただいま開催中のヨコハマトリエンナーレ2011のメイン会場2つをまわるピクニックです。下見と本番の2週に分けて両日共今回は参加させていただいたのですが、私は視覚に障害をお持... 横浜市民ギャラリーあざみ野が主催する、<span style="color: rgb(255, 153, 0); "><strong>アートなピクニック</strong></span>に参加してきました。<br /><br /><img alt="111002a.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/111002a.jpg" /><br /><br /><br />視覚に障害をお持ちの方と一緒にアートを楽しむ企画で、いろいろなところへ一緒に出かけて、障害をお持ちの方への付き添い方なども同時に学ぶ機会になっています。<br />今回はただいま開催中の<span style="color: rgb(128, 128, 0); ">ヨコハマトリエンナーレ2011</span>のメイン会場2つをまわるピクニックです。<br />下見と本番の2週に分けて両日共今回は参加させていただいたのですが、私は視覚に障害をお持ちの方と外出する機会は経験なく、最初から何もかもが新鮮な体験でした。<br /><br />私たちアートサポーターが主に参加したことは、<br /><strong>・会場内の誘導<br />・作品の状況説明<br />・作品に対してのディスカッション<br /></strong><br />などです。<br /><br />私たちはあくまでも一緒に鑑賞する仲間という立場ですので、作品に対して解説をするという役回りではありません。ガイドではないので、目の前の作品に対してどう向き合うかということがこの催しで大事になるところだなと思いました。<br />私が思った事を話しすぎてしまうと、人の主観ばかりが先行しまい、視覚に障害をお持ちの方が作品を感じるときの妨げにつながるときがあります。作品をゆっくり一緒に味わうという状況をどう作り上げていくかをその場で考えていたりしました。<br /><br /><img alt="111002c.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/111002c.jpg" /><br /><br /><br />作品は一番共感しやすいものははやり立体作品だそうです。作品の量感やスケール感が見えなくても感じやすい。ただ、絵画作品も描かれている状況をお話すると、結構共感してくださいます。作品に対して聞かれたことは、「大きさはどれくらいか」「色は何色か、素材は何か」「展示されている場所(状況)はどのようになっているのか」などです。<br />空気感や匂いも鑑賞する上で大事な要素となるそうですが、あと周囲の観客のしゃべっている声をよく聞いているとおっしゃっていました。周囲の「面白い!」「きれい!」という感嘆だけでも、この作品がどのようなものなのかを分かる判断基準になるそうです。<br /><br /><img alt="111002b.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/111002b.jpg" /><br /><br /><br />彫刻作品を触れる機会があるといいのになと思ったのですが、保存管理上なかなか難しいので、都合良くはいきませんでしたが、やはり<span style="color: rgb(128, 128, 0); ">リヴァーネ・ノイエンシュワンダー</span>の3作品は楽しんでいらっしゃったのが印象的でした。<br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br /><br />面白いなと感じたことがもう一つ。<br />田中功起さんの作品は、何人に説明してもなかなか共感してもらえなかったんです。<br />でも、何故か泉太郎さんの作品はすぐに共感してもらえた。この2作品の違いも興味深いなと思いました。<br />田中さんの作品は映像の内容が初めて見るような実験的な事柄だったりするので、そういった意味ではイメージが浮かび辛い。アメリカのバスには自転車を乗せられるようになっているということも経験したことがないので、状況を把握できないそうです。で、美術館の備品もそもそもどのようなものが横浜美術館にあるのかが分からないので、たくさんあるけれど、その横浜美術館ならではの雰囲気や量感が掴み辛かったようです。<br />でも、「<span style="color: rgb(128, 128, 0); ">a haircut by 9 hairdressers at once</span>」など作品のコンセプト自体を説明すると、面白がってくれました。<br /><br />一方、泉さんは何が置かれているかというといわゆる一般的なものであること、映像の内容も“たたく”などと普段の行為ではあるので想像しやすかったのかもしれません。<br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br /><br />今回一緒に拝見させていただいて、現代アートを楽しめる人は、以前は見えていた経験がある方に限られるのかもしれないなと感じました。<br />直接触る事ができて、これはこうだよ。という説明ができるのであれば、先天的な方でも体験として楽しめるのでしょうけれど、現代アートは難しい内容も多いので、ハードル高いことも多いなと感じました。<br /><br />でも、参加されたみなさんは本当にアートに対して真剣に向き合われていて、私の方が一緒に鑑賞させていただいたことでとても勉強になりました。<br />みなさん本当に好奇心が旺盛なんです!<br />またぜひご一緒したいなと思いました。<br />このような貴重な機会を設けてくださった横浜市民ギャラリーあざみ野にも感謝です!<br /><br />
40

ヨコハマトリエンナーレ2011 会場運営サポート初日

今日はヨコハマトリエンナーレサポーターの初日。内覧会の会場運営サポートをしてきました。(注)記事内の写真は許可を得て撮影したものです。写真の無断転用を禁止します。横浜トリエンナーレは今回で第4回目。都市型国際展の中でももうだいぶ周知されている存在になってきました。公式HPは→こちら今回の展覧会テーマは、「OUR MAGIC HOUR -世界はどこまで知ることができるか?-」横浜美術館の収蔵作品も盛り込みつつ、約60名以... 今日は<span style="color: rgb(255, 102, 0); "><strong>ヨコハマトリエンナーレサポーター</strong></span>の初日。<br />内覧会の会場運営サポートをしてきました。<br /><br /><img alt="110805a.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-26-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110805a.jpg" /><br /><br /><strong><span style="color: rgb(153, 51, 0); ">(注)記事内の写真は許可を得て撮影したものです。写真の無断転用を禁止します。</span></strong><br /><br /><br /><br />横浜トリエンナーレは今回で第4回目。都市型国際展の中でももうだいぶ周知されている存在になってきました。<br /><br />公式HPは→<a href="http://118.151.165.140/">こちら</a><br /><br />今回の展覧会テーマは、「OUR MAGIC HOUR -世界はどこまで知ることができるか?-」横浜美術館の収蔵作品も盛り込みつつ、約60名以上の近現代アーティストの作品が並びます。<br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br /><br /><br />第2回から市民ボランティアが活動している経緯もある分、今回もイベントボランティアに慣れていらっしゃる市民の方がたくさん参加されてました。お久しぶりにお会いできた方もいらしてましたし。<br /><br />まずは馬車道駅に集合。<br />この場所へとその場で言われてみなさん各々の持ち場へ向かいます。<br /><br />私が今回看視役に入った場所は、YCC <a href="http://www.yaf.or.jp/ycc/index.php">ヨコハマ創造都市センター</a>。<br /><br /><img alt="110805d.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-26-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110805d.jpg" /><br /><br /><br />みなさんお揃いのスタッフTシャツに着替えてさて監視役スタートです。<br /><br /><br /><img alt="110805h.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-26-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110805h.jpg" /><br /><span style="color: rgb(153, 153, 153); ">今回市民サポーターが着るTシャツは水色。ちょっと大きくてパジャマみたいな感じです 笑</span><br /><br /><br />YCCでは、ピーター・コフィンの作品「無題 (グリーンハウス)」が1階に、屋上には大きな手が描かれた旗が設置されています。<br /><br /><img alt="110805e.jpg" border="0" width="510" height="381" src="https://blog-imgs-26-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110805e.jpg" /><br /><span style="color: rgb(153, 153, 153); ">ミュージシャンとのコラボレーションイベントのリハーサル中</span><br /><br /><img alt="110805c.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-26-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110805c.jpg" /><br /><span style="color: rgb(153, 153, 153); ">見えますか?大きな手が。この手、絵画作品だそうです。<br />雨や風が強い日は揚げないそうです。<br />NYKからYCCを目指してくると見えてきますよ。</span><br /><br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br /><br /><img alt="110805f.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-26-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110805f.jpg" /><br /><br />この温室、実は中で演奏するスペースが設けられており、会期中にたくさんのミュージシャンがこの温室の中で演奏を行う予定になっています。<br /><br />今回演奏してくださったのは、EYEさん。<br />ただ、今回演奏している音楽は、ビニールハウスの植物たちに聞かせてあげるために演奏しているんです。コフィンさんの取り組みに賛同していただいたミュージシャンが今回参加されているそうです。<br />私たちはその植物たちのための音楽を拝借しているような感じですね。<br /><br /><img alt="110805b.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-26-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110805b.jpg" /><br /><br />今回プレスの方がたくさん集まり演奏に聞き入っていました。<br />水の音、声なども交えた体の奥に浸透してゆくような音楽でした。<br /><br />この次はどんな音楽を植物たちに聞かせるんでしょうね。<br /><br /><img alt="110805g.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-26-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110805g.jpg" /><br /><span style="color: rgb(153, 153, 153); ">10月までに音楽をたっぷり聞く植物たち、何か変化があったりするのでしょうか。ちょっと楽しみです。</span><br /><br /><br /><br />今日は近くのNYKの会場もちょっと観させてもらうことができました。<br />明後日は、サポーターではなく、鑑賞客として会場をまわろうと思っています。<br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br />ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR<br />-世界はどこまで知ることができるか?ー<br /><br />会期 2011年8月6日(土)~11月6日(日)<br />[休場日:8月、9月の毎週木曜日、10月13(木)、10月27日(木)] ※<br /><br />開館時間 11:00~18:00 ※入場は17:30まで<br /><br />会場 横浜美術館<br />   日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)<br />   その他周辺地域<br /><br /><br /><br />
38

市民企画「七夕飾りをつくろう」

横浜市民ギャラリーあざみ野で、私たち市民が企画したワークショップ七夕飾りをつくろうを開催しました。この企画は、横浜市民ギャラリーあざみ野で活動を続けているボランティア仲間のグループと一緒に進めてきたものです。以前より、横浜の保土ヶ谷にあるこども自然公園を管轄している「横浜環境支援センター」と共に、横浜の自然を利用したワークショップを開催しています。今回は、七夕の企画。大きな竹をあざみ野に設置しまし... 横浜市民ギャラリーあざみ野で、私たち市民が企画したワークショップ<br /><span style="color: rgb(255, 102, 0); "><strong>七夕飾りをつくろう</strong></span>を開催しました。<br /><br /><br />この企画は、横浜市民ギャラリーあざみ野で活動を続けているボランティア仲間のグループと一緒に進めてきたものです。<br />以前より、横浜の保土ヶ谷にあるこども自然公園を管轄している「<span style="color: rgb(128, 128, 0); ">横浜環境支援センター</span>」と共に、横浜の自然を利用したワークショップを開催しています。<br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br />今回は、七夕の企画。大きな竹をあざみ野に設置しました。<br /><br /><img alt="110702a.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110702a.jpg" /><br />この竹は、垣根のつくる職人さん直々に来ていただき、設置したもの。<br />大きなアーチを作りたい!と切望したところ、このような立派なアーチを作ってもらえました。<br /><br /><br /><img alt="110702b.jpg" border="0" width="425" height="317" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110702b.jpg" /><br />素材は紙と竹を中心に使用。こどもが対象なので、簡単にできるものを考えて準備しました。<br />上の写真は短冊。七夕には必須。<br /><br /><br /><br /><img alt="110702c.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110702c.jpg" /><br />トレーシングペーパーで紙風船をつくり、そこにペンなどで絵を描いていきます。透ける素材の紙風船は、夏にぴったりの涼やかな印象。<br />それに糸を通し、紙風船をたくさんつなげた飾りを作りました。<br /><br />竹も、輪切りのものと折り紙やビーズをつなげて飾りを作ります。<br /><br /><br /><br /><img alt="110702d.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110702d.jpg" /><br />みんな各々作ったら、飾ってもらいます。持ち帰りたい場合は、ささを切って持ち帰り用に準備していたので、その小さな笹に飾りを付けたりも。<br /><br /><img alt="110702f.jpg" border="0" width="425" height="317" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110702f.jpg" /><br />土曜日はのべ100人くらいの方に参加していただけました。スタッフの私たちは、忙しくて休んでいるひまもないくらい。でもうれしい悲鳴です。<br /><br /><br /><img alt="110702g.jpg" border="0" width="381" height="510" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110702g.jpg" /><br />一日でたくさんの飾りがつきました。みなさんご参加いただきありがとうございました!<br /><br />次回の市民企画講座は、「クリスマスの飾りをつくろう。」<br />自然のものをつかったオーナメントをつくってあざみ野を飾る予定です。<br /><br />
37

あざみ野Workshop week/横浜市民ギャラリーあざみ野

横浜市民ギャラリーで開催されている、現代アートを体験しよう あざみ野Workshopweekへボランティアとして参加してきました。このイベントは、横浜wo発掘suru vol.2と題して、8月に開催される横浜トリエンナーレ2011の関連プログラムとして開催されているもので、ワークショップを通じてもっと現代アートを身近に感じようというイベントです。公式HPは→こちら今回は、アーティストの淺井裕介さんの「テープ森をつくろう」に参加... 横浜市民ギャラリーで開催されている、<strong><span style="color: rgb(255, 102, 0); ">現代アートを体験しよう あざみ野Workshopweekへボランティア</span></strong>として参加してきました。<br /><br />このイベントは、<span style="color: rgb(255, 102, 0); ">横浜wo発掘suru vol.2</span>と題して、8月に開催される<span style="color: rgb(128, 128, 0); "><a href="http://www.yokohamatriennale.jp/">横浜トリエンナーレ2011</a></span>の関連プログラムとして開催されているもので、ワークショップを通じてもっと現代アートを身近に感じようというイベントです。<br /><br />公式HPは→<a href="http://artazamino.jp/organized-events/special-exhibitions/hakkutu2011/">こちら</a><br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br />今回は、アーティストの<span style="color: rgb(128, 128, 0); ">淺井裕介</span>さんの<span style="color: rgb(255, 102, 0); ">「テープ森をつくろう」</span>に参加したのと、<br />この期間に数々のワークショップを同時開催しているのですが、私たち市民からの持ち込み企画の<span style="color: rgb(255, 102, 0); ">「七夕飾りをつくろう」</span>の準備も同時にしました。<br /><br /><br /><br /><img alt="110625e.jpg" border="0" width="425" height="317" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625e.jpg" /><br />今回のワークショップで使う画材は、このカラーテープ。<br />鮮やかな5色。貼ってもはがしやすいタイプのものです。<br /><br /><strong><span style="color: rgb(153, 51, 0); ">(注)記事内の写真は主催者の許可を得て撮影したものです。写真の無断転用を禁止します。</span></strong><br /><br /><br /><br /><br /><img alt="110625l.jpg" border="0" width="425" height="318" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625l.jpg" /><br />淺井さんの説明を受けてさて、外からスタート。<br />大きな壁に木を描くなんて初めての体験です。<br /><br /><br /><br /><img alt="110625k.jpg" border="0" width="425" height="317" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625k.jpg" /><br />壁一面に木を増やしていきます。枝をどんどん伸ばしていったら、そこに花も咲かせたりしていきます、あんなに高いところも!脚立に登ってどんどん枝を伸ばしていきます。<br /><br /><br /><br /><img alt="110625j.jpg" border="0" width="318" height="425" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625j.jpg" /><br />今度は室内に戻って、テープに思い思いのかたちをカッターで切り出します。<br />このかたちは枝を延ばしたあと最後に貼ります。<br /><br /><br /><br /><img alt="110625g.jpg" border="0" width="318" height="425" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625g.jpg" /><br />午後は室内の作業。<br />廊下や階段などみんなで相談して決めた場所に木を増やしていきます。<br /><br /><br /><br /><img alt="110625h.jpg" border="0" width="318" height="425" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625h.jpg" /><br />階段の下までも。夢中になってどんどん木を延ばしていきます。<br /><br /><br /><br /><img alt="110625n.jpg" border="0" width="425" height="317" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625n.jpg" /><br />完成です!この作品は、一週間あざみ野に展示される予定です。<br /><br />10時からスタートして合計5時間のワークショップでした。<br />終わったあとみなさん結構お疲れの様子でしたが、淺井さんがこのようなお話をしてくださいました。<br /><span style="color: rgb(255, 102, 0); ">「みなさんとても疲れましたよね。作品をつくるということはとても疲れます。作品は観ても疲れますよね、でも作家はその100倍の労力で作品を作っています。それくらいの労力じゃないと、作品として説得力あるものが出来ないと思っています。」</span><br />作品をつくることの大変さ、大きなものを作れる楽しさ、無心な気持ちを今回体験できて良かったです。<br /><br /><img alt="line2.png" border="0" width="369" height="18" src="https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/line2.png" /><br /><br /><br />さらに、来週開催予定の自分たち市民の企画ワークショップ<br /><span style="color: rgb(255, 102, 0); ">「七夕であざみ野を飾ろう」</span>の準備もしました。<br /><br />このワークショップは、市民のグループが企画しているもので、毎年クリスマスの時期に行っているワークショップの夏バージョンということで、七夕のイベントと合わせた企画です。<br /><br />この企画は、保土ヶ谷にある<span style="color: rgb(128, 128, 0); ">こども自然公園</span>を管轄する<span style="color: rgb(128, 128, 0); ">横浜環境支援センター</span>との連携企画です。その公園から自然の木や実を提供いただき、いろいろなものを作る企画を行っています。<br /><br /><br /><br /><img alt="110625c.jpg" border="0" width="318" height="425" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625c.jpg" /><br />今回のチラシ。<br />私たちが、こどもたちでも簡単に楽しめるものを企画しています。<br />今回は、大きな竹の並木があざみ野に設置される予定です!<br />なんと、垣根の職人さんがきてくださり、設置してくれるそう。<br /><br /><br /><br /><br /><img alt="110625d.jpg" border="0" width="425" height="318" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625d.jpg" /><br />バリ取りをした竹。竹は油抜きをしないと、すぐカビが生えてしまうので、その加工を環境支援センターさんの協力でしてくださいました。<br /><br /><br /><br /><img alt="110625b.jpg" border="0" width="318" height="425" src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/t/e/k/tekutekutoart/110625b.jpg" /><br />今回は竹と紙を使って七夕飾りをつくります。<br />当日はどれだけの飾りがあざみ野を飾るのか楽しみです。<br /><br /><br />「七夕であざみ野を飾ろう」は、7月2日 3日開催です。<br />どなたでも参加できます。<br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。