プロフィール

ゆりbutainunana

Author:ゆりbutainunana
デザインとイラストの仕事をしています。アートボランティアとして横浜をうろうろしていることも。
Twitterアカウント @butainunana2

butainunana2のつぶやき
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

36

ZIPANGU/ジパング展 日本橋高島屋8階ホール

日本橋高島屋8階ホールで開催されている、ZIPANGU/ジパング展に行ってきました。

110602a.jpeg 

この展覧会はミヅマアートギャラリーの三潴末雄さんがキュレーターを務めています。
今回発表の場はデパートです。その中にエネルギーあふれるコンテンポラリーアートが一同に展示されているのです。デパートの中でも日本有数の格調高い場所、しかし日本橋高島屋は過去にも先端のアートを紹介してきた歴史ある場所でもあります。
その場所で行われる展覧会。勢いある作家の作品がどのように観られるのか本当に期待大の展覧会でした。

公式HPは→こちら

line2.png
tug15.png

私が好きな作家は偏ってしまっていますが、気になった作品のものを感想書きます。

町田久美
彼女の作品は、かなりシンプルで色もモノトーンなのに、隣の天明屋さんの金色に全然引けを取らない、すばらしい構図とバランスの作品だと思います。線のきれいさは本物を見ると息をのみますね。日本画専攻ということもあり、線の存在感や白の使い方はやはり上手だなと思いました。爪にだけ有彩色の鮮やかな色が付いているところが女性らしい視点だなと思いました。


鴻池朋子
今回は映像の作品が展示されていましたが、真っ白な本に映像を映しており、動く絵本のような仕様になっていました。このような展示方法は他でもあったのでしょうか。サイレント映画のような声のない物語。大学卒業後から玩具や雑貨の企画を仕事とされてきたこともあるかと思いますが、絵本のようなノスタルジックなストーリーをいつも感じます。私は鉛筆の絵の素朴さが好きなので余計共感したのかもしれませんが、温かな印象の裏に怖さも感じる作品ですね。


会田誠
会田さんの作品は、ただただ好きなので観るといつでも評価してしまうのですが、今回も迫力のある構図なのに、ちょっとクールな冷たい印象を持った絵なのでいいなと感じました。この作品は2003年制作のものなので以前も展示はされていますが、今回全体的にきらびやかなものが多い中、クールな印象の絵画(しかも大きい!)があると印象が変わりますね。
女の子が色っぽい感じもしますが、血が通っていない人形のような印象も持ち合わせています。少女を描かせたら右に出る物がいないくらい魅力のある絵を描く会田さんの作品はどこで見ても印象強く残りますね。


山口晃
「歌謡ショウ圖」この作品は思わず笑っちゃいそうなテーマの作品ですが、結構シュールでもありますよね。劇場のど真ん中で羽付けて歌っている人、どこかで見たことありますが、日本の風景にも見えなかったんです。何故か。すごく人気ある人だと思うのですが、よく見ると観客がちゃんと聞いてないように見えてきます。勝手なことたくさんしていて。山口さんならではのウィットに富んだテーマですよね。隣の「山乃愚痴明抄」の絵最後にまさかの漫画が出て来るのでこれも面白かったです。


三瀬夏之介
いつもパワーある作品を発表し続けていますが、今回も大迫力の作品です。この絵はBASARAなイメージも持っていますね。雲なのか霧なのか。山を覆う何かが描かれており、よく見るとチベットの山頂で見ることができる旗がありました。胡粉の白さと陰影。ちらっと見える金色のきらびやかな印象。圧迫感とともに、不安感もつのる作品に感じました。


藤田桃子
今回彼女の作品を初めて拝見したのですが、日本画の新しい前衛絵画を観た気がします。金地に鮮やかな玉虫色の妖怪たち。けばけばしく感じるはずの配色なのに、全くそういう印象には感じません。夢の中を見ているみたいで、とても独創的です。よくみると、絵の具のマチエールがしっかりあって、有機的に感じる部分もある。藤田さんは沖縄芸術大学出身の気鋭のアーティストです。これからもっと彼女の作品みてきたいですね。

渡邊佳織
「開け心」この作品はノスタルジックな印象の作品だなと思いました。花のように舞っているものは真っ赤な折鶴です。たおやかなそして夢のような印象の作品ですね。伝統的なモチーフを使いつつ、繊細な現代の風景を描いているようにみえます。白が輝くきれいな女性らしい絵ですよね。


line2.png
tug12.pngrank3.png

line2.png

今回展覧会グッズもとても充実しています。
私が買ったものはこちら

110602b.jpg
渡邊佳織《開け心》のぽち袋。とてもきれいだったので購入しました。

line2.png

ZIPANGU/ジパング展 日本橋高島屋8階ホール
会期:2011年 6月1日(水)~ 6月20日(月)
開館時間:10:00~19:30(8時閉場)
 
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

読んだ本
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。