プロフィール

ゆりbutainunana

Author:ゆりbutainunana
デザインとイラストの仕事をしています。アートボランティアとして横浜をうろうろしていることも。
Twitterアカウント @butainunana2

butainunana2のつぶやき
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

4

20世紀のポスター[タイポグラフィ]ーデザインのちから・文字のちから/東京都庭園美術館

 東京都庭園美術館にて開催中の、
「20世紀のポスター[タイポグラフィ]ーデザインのちから・文字のちから」展
行ってきました。

110306a.jpg
 


今回は、1900年から1990年代までのタイポグラフィに焦点を当てたポスターを110点展示。
タイポグラフィを駆使したポスターの創世記から、パソコンのDTPで作成したものまで、
歴史を追った展示内容となっていました。
文字で装飾するという考えは昔からありましたが、
文字を構成し、文字で遊び、見て楽しむという概念が定着するまでの過程を観ることができますし、
新たな書体を開発しながら、アートと関連付けたり、広告として独自の世界観をつくりあげた力のある
作品を一斉に観られるまたとない機会でした。

line2.png
no1.png
構成(公式HPより)
第1部:読む文字から見る文字へ:タイポグラフィの革新(1900~30年代)
第2部:タイポグラフィの国際化:モダンデザインの展開と商業広告の拡大(1940~50年代)
第3部:躍動する文字と図像:大衆社会とタイポグラフィの連結(1960~70年代)
第4部:電子時代のタイポグラフィ:ポストモダンとDTP革命(1980~90年代)


庭園美術館は、言わずと知れたアールデコ建築、その装飾と共に
工業デザインが台頭したきた頃のポスターを鑑賞できるのはいい機会だなと思いました。

デザインを学校で学んだことがある人は、だいたい習ったことがあるポスターが並んでいます。
・サビニャック
・カッサンドル
・マックスフーバー
・原弘
・亀倉雄策
・佐藤晃一
etc.

これだけの著名なデザイナーの作品が。
タイポグラフィとは何か。ポスターとは何か。という変貌をしっかりと観られる展覧会でした。
line2.png

tug15.png
ジョヴァンニ・ピントーリ
「オリベッティ社企業広告」


数字がずらっと並んでいる中に、企業ロゴの「olivetti」が入っている構成。
このポスターは、なんとオフセットの8色印刷。
印刷としてはとても贅沢な仕様で、しかもよく見ると、8色の中でもアミ点をふんだんに駆使して多彩な色の印象を作り上げたもの。
さすがイタリアのカラーポスターだなと思うくらい、
色の配置がとにかく繊細で、観ていて色の渦に引き込まれます。
写真を使用していないのに、印象強い構成。
しかも、数字のかたちの表情が、「こんなかたちもあるんだな」と思うほど豊富でとても楽しいと感じます。

一方で

ウィリィ・クンツ
「コロンビア大学大学院建築・計画・保存学研究科1991年秋期レクチャー」


こちらのポスターは印刷色は1色のみ。
それでも表情のある黒だけの濃淡で、ダイナミックに構成した作品です。
一色だけしか使用していなくても、さみしく感じないとがった緊張感のある構成はできるという好例ですね。
line2.png

今回の展覧会、会場ではポスターの印刷方法、色数、使用している書体、
使用している紙の注釈は書いてありませんでした。
図録にはきちんと記載されているのですが、せめて印刷方法と使われた書体だけでも記載されていれば、
展示がもっと楽しめたのかもしれないなと思います。

図版はさすが竹尾だけあって、紙質がよく、装丁もいい仕様になっています。
買っている人相当見かけました。
帰ってからあの印刷どうやっているんだろうと読み返すならば、相当な資料になると思います。
tug12.png
rank2.png

line2.png

20世紀のポスター[タイポグラフィ]ーデザインのちから・文字のちから
会場:東京都庭園美術館
会期:2011年1月29日(土)~3月27日(日) ※休館日 第2・4水曜日
開館時間:10:00~18:00

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

読んだ本
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。