プロフィール

ゆりbutainunana

Author:ゆりbutainunana
デザインとイラストの仕事をしています。アートボランティアとして横浜をうろうろしていることも。
Twitterアカウント @butainunana2

butainunana2のつぶやき
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

  1. はろるど・わーど

    2011-03-31 (Thu) 18:51

    板橋区立美術館(板橋区赤塚5-34-27) 「発信//板橋//2011」 2/26~開催中止 板橋区立美術館で開催されていた「発信//板橋//2011」へ行ってきました。 残念ながら地震の影響により途中で打ち切りとなってしまいましたが、江戸絵画展などで定評のある板橋区立美術館が...

Trackback URL

6

板橋区立美術館 「発信//板橋//2011 けしきをいきる」展

板橋区立美術館で開催された 「発信//板橋//2011 けしきをいきる」展にいってきました。

110313b.jpg 

3月27日まで会期があったのですが、震災の影響や停電や節電を考慮して
先日やむなく展覧会を中止することになったそうです。
公式な情報は→こちらから

私が行った日が最後の開館の日となってしまったのは非常に残念です。

この企画展は、新たな美術の傾向を板橋から紹介し、発信していくということで、
「発信//板橋」というシリーズを立ち上げたそうです。そのシリーズの第一回目。

ita110313.jpg 

今回の参加作家さんは7名いるのですが、必ずしも板橋に縁のある人ばかりではないそうです。
『観客が地縁のみしか感じられないグループ展は避ける』
というように、半数以上は板橋区出身もしくは在住のアーティストを入れつつ、
そうではない人も一緒に展示してもらい、相乗効果やいい意味での化学反応を起こして欲しいというのが狙いだったそうです。閉ざされた地域性を出さない企画にしたいとのこと。

line2.png
no1.png

今回の展覧会は映像あり、立体あり、建築あり、ドローイングありと様々な作品が展示されていました。
まさにノージャンルと言ってもいいくらい。

そのジャンルの違う作品が混ざりあうことで、呼応するような展示の仕方をしていました。
屋代さんと船井さんの作品が同空間に展示されていたり、利部さんの作品が入り口入ってすぐお出迎えしてくれたり。おそらく、作家さんもここまで違うジャンルの方々と一緒に展示される作品展もそう機会ないのではないかなと思います。作品それぞれを区切るというより、テーマである「けしきをいきる」をうまくというより、良い様に利用した作品が多かった気がします。


tug11.png
利部志穂さん

利部さんの作品は、先日のULTRA003でも拝見させていただきましたが、
彫刻科出身の、見つけた廃物を組み合わせてサイトスペシフィックな作品を作る作家さんです。
自分のものではない、誰かが使っていらなくなったものに新たな存在感を持たせる。
そのいらなくなったものたちが関連付けられて、さらなる新しいものに生まれ変わることを私たちにみせてくれます。

板橋区は、「国産一眼レフ誕生の地」として有名で、利部さんは“光学の板橋”を記憶するように、
区内の工場などからレンズを提供してもらってインスタレーション「うごく動機の設定」を展示していました。

ものに新たな意義を持たせる、ものの存在を再生させるという意味では、「もの派」にも傾向として近いように思えます。ものとものとの関連性をつなぎあわせる。そのものは、あえてそのために作られたものではなく、ありふれた日常品。豪華に飾り立てるものではない存在自体は地味なものだけど、今までとは違う使われ方をしているので、ひとつひとつのもの自体がとても力を持っている様に感じるのです。


tug15.png
(草かんむりに配)島伸彦さんは、動物のフォルムを描いている作品を展示されており、
よく見ると正確なフォルムをしてないものも多いのですが、色彩と、シルエットのみで描かれることで決して獰猛ではない動物のしなやかな姿が表されていて、生物のやわらかさ、やさしさが伝わってくる作品でした。その隣には、返町勝治さんの木の作品があり、木が荘厳で荒々しい生命観を感じさせる作品。この2つの作品は隣に展示されているので自然の持つイメージとけしきの捉え方が良い意味で対比できるなと思いました。

line2.png

その他にも、板橋の集合住宅を設計した藤本壮介さんの集合住宅のコンセプト展示や、日本画出身の船井美佐さんが襖絵のように展示室内をミラーの素材を活かして装飾していたり、屋代敏博さんは、地元の小学生と一緒に作品を作った映像を展示されていました。
私が行ったときに、吉賀あさみさんの作品が地震により壊れてしまっており、その修理のためにご本人がいらしていました。ちゃんとした展示は観られなかったので残念でしたし、今度行う予定だった「関東ローム層の土で絵の具をつくる」ワークショップが開催中止となってしまったことは非常に残念です。


tug12.png
rank1.png

記念すべき第一回だったのに、会期中中止となり歯がゆい思いですが、シリーズとして展開するそうなので、
次期の企画に期待ですね!

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
1

Trackback

  1. はろるど・わーど

    2011-03-31 (Thu) 18:51

    板橋区立美術館(板橋区赤塚5-34-27) 「発信//板橋//2011」 2/26~開催中止 板橋区立美術館で開催されていた「発信//板橋//2011」へ行ってきました。 残念ながら地震の影響により途中で打ち切りとなってしまいましたが、江戸絵画展などで定評のある板橋区立美術館が...

Trackback URL

読んだ本
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。